[ダイエット失敗談]ガマンできずに食べてしまったら食欲が止まらなくなった炭水化物抜きダイエット

ガマンできずに食べてしまったら食欲が止まらなくなった炭水化物抜きダイエット

ダイエットのキッカケ

私が炭水化物抜きダイエットを始めたのは出産がきかっけでした。

妊娠中の食欲は凄まじく、検診の帰りに大好きなラーメンを食べて変える事が日課になってしまった為、体重はみるみる増加。

妊娠前からなんと20kgも太ってしまいました。

もちろん産婦人科の先生には、怒られましたし私も反省しラーメン生活はやめてこれ以上体重増やさないことに努力しました。

そして無事出産し、産婦人科の自分のベットに戻り爆睡。

目を覚まし、ふとお腹に手をやると驚愕しました。

今まで感じたことのない贅肉の余り方。

触るとぶよぶよでこの世の物とは思えない位に柔らかく、未知の生物がくっついているのか? と現実逃避をしたくなるような感触でした。

愕然としながら立ち上がり鏡でこのお腹を見てみようと歩き出しました。

そして二度目の驚愕です。

全身のむくみに加えお腹のたるみ。

この時、やっとダイエットしなくはいけないと痛感しました。

まずは量を減らしてみました

とは言っても、産後なので無理なダイエットはできません。

今まで食べすぎなほどに食べていたので、まず量を減らすことから始めました。

茶碗山盛りだったご飯を半分以下に。

おかずもヘルシーなものに徹底的に切り替えて行きました。

そうするとみるみる体重が減っていきました。

今まで酷い食生活をしていた過去の自分に教えてあげたいくらいでした。

ここまでは理想的な体重の落とし方であると言い切れましたが、私はもっと痩せたかったのです。

魔の停滞期と炭水化物抜きダイエット

ところがある日から、体重が減らなくなってしまいました。

健康的に食べて軽く赤ちゃんとお散歩などしているにも関わらず落ちないのです。

そうです、魔の停滞期です。

そして、気になるのはこのお腹の脂肪。

体重は出産前に戻ったのですが、お腹だけ脂肪がたっぷりと乗ったままです。

ここで私は炭水化物抜きダイエットを始めました。

徹底的に炭水化物は抜いて、食事も本当にお腹がすかないと食べないという事をしていきました。

一年間本当にお腹と背中がくっつかというところまで我慢し、少し満腹感が得られたら食事をやめる。

そんな生活だったので常にお腹がすいて仕方なく、でも食べると太ってしまうのが怖くて……と今考えると不健康な生活を続けていました。

そして……

そんな時、働き始めていた私も飲み会に出席するようになっていました。

たくさんの食べ物、たくさんのお酒。

優しい先輩に取り分けてもらったおつまみを食べないわけにもいかないので、食べました。

完全に理性の決壊です。

久しぶりの鶏もも肉のからあげの美味しいこと。

久しぶりのアルコールの体に染みわたること。

こうなればもう、止まらない訳です。

しかし、とても幸せな気分でした。

結果、やはりリバウンド……。

どんなダイエットもほどほどに時間をかけて継続することが大事だと、今回のことで学びました。

以上、私の炭水化物抜きダイエット失敗談でした。

タイトル : ガマンできずに食べてしまったら食欲が止まらなくなった炭水化物抜きダイエット
カテゴリ : ダイエット失敗談
投稿者 : 匿名希望