[ダイエット失敗談]腰痛がきっかけで、ウォーキングダイエットができなくなってしまいました。

腰痛がきっかけで、ウォーキングダイエットができなくなってしまいました。

1.ウォーキングを数年間やっていました

私はダイエット目的で毎日ウォーキングを行っていました。

1日1万歩以上を目標に、ウォーキングを行いました。

時には2万歩以上になったこともあり、筋肉痛になったこともありましたが、慣れてくると、かなりの距離を歩けるようになりました。

ウォーキングは有酸素運動で、やればやっただけ結果が付いてきます。

ウォーキングを始めてから、それほど食事制限を行わなくても、スリムな体型を維持できるようになりました。

また、腹筋や背筋も付くので、特にお腹周りが引き締まってきました。

さらにメンタル的にも良い効果を発揮して、ウォーキングの後はとてもスッキリした気分になりました。

ウォーキングは評判の良いダイエット方法です。

私もそれは非常に実感しています。

ウォーキングは少ない距離だとあまり効果を実感できないのですが、7〜8千歩を超えて歩くと、急に足が軽くなる瞬間があり、その効果が実感できました。

2.腰痛がきっかけで長距離を歩けなくなりました

私はもともと腰痛の持病がありました。

ウォーキングで腰回りの筋肉をつけることで、腰が安定してきて、腰痛の頻度が少なくなっていきました。

しかし、ある時期に遠くで出かける機会が多く、毎日自転車に乗っていました。

自転車は思った以上に腰への負担が大きく、ある日、突然の腰痛が再発してしまいました。

しばらくシップを貼ったりして様子を見ていたのですが、やはり動かすと背中から腰やお尻にかけて痛みが走りました。

そのため、今まで行っていた1日1万歩以上のウォーキングを続けることができなくなってしまいました。

それでも身体を動かさないのは良くないと思い、1日3〜4千歩は歩くようにしています。

腰痛を気にしながらのウォーキングなので、大股では歩けず、歩数の割には時間がかかってしまいます。

自転車や車での移動はしばらく休み、毎日の動作も腰に負担のないように十分に気を付けています。

3.たくさん歩けないことで太ってきました

お蔭で徐々に腰痛の症状が改善してきました。

しかし、それと引き換えに思うようにウォーキングができなくなりました。

また、体力と免疫力をつけるために、いつも以上に多く食べてしまっていることもあり、お腹周りが太くなってしまいました。

腰痛があるので腹筋運動もできず、お腹に力を入れないようにしているので、かなりお腹がブヨブヨ状態になってしまっています。

それでも今は腰痛改善が最優先なので、長い時間のウォーキングができない状態です。

腰痛が治って安定してきたら、またウォーキングダイエットを再開したいと思っています。

タイトル : 腰痛がきっかけで、ウォーキングダイエットができなくなってしまいました。
カテゴリ : ダイエット失敗談
投稿者 : 匿名希望